完全無制限のwifi

裏技あり!?どんなときもWiFiはブラックリストでも申込める方法がある!?

投稿日:

  • 携帯料金の未払いや滞納をして、過去に携帯会社を強制解約になったことがある
  • ブラックリストのため、クレジットカードを持つことができない

「こんな状態でも契約できるのだろうか?」とお悩みではありませんか?

 

ブラックリストだと、そもそも契約できないような気もしますよね。

 

ただ、結論から言うと、携帯会社を強制解約になっていても、クレジットカードがブラックリストで持てなくても、どんなときもWiFiを契約することは可能です。

 

なので、「こんな状態でも契約できるのだろうか?」と心配する必要はありません。

ブラックリストの人の申込み窓口はこちら

 

ここからは、ブラックリストでもどんなときもwifiに申込める理由について説明していきます。

ブラックリストでもどんなときもWiFiを契約できる理由とは?

なぜ、携帯電話を強制解約になっていたり、クレジットカードがブラックリストでも契約できるのでしょうか?

 

それは、どんなときもWiFiには携帯電話を契約する時のような審査がないからです。

 

携帯電話の場合だと、ソフトバンクで強制解約になったらドコモも契約できない、みたいな事を聞くんだけど?
携帯電話の契約とは審査の重要性が違うから大丈夫だよ。

 

携帯電話の場合は、ドコモやauやソフトバンクのキャリア間で、料金の未払いや滞納情報が共有されています。

そのため、例えばソフトバンクで未払いや滞納があると、ドコモでも契約できなかったりします。

 

携帯電話の場合は、スマホの本体代を2年契約の分割で払ったりしますよね。

ようは携帯会社で契約する場合は、スマホ本体をローン契約しているわけです。

 

それに対して、どんなときもWiFiの本体はレンタルです。

つまり、どんなときもWiFiは本体代を分割で支払わないので、携帯会社のような大げさな審査はありません。

 

実際に友人で、ドコモとauの携帯料金の支払いを滞納して強制解約になり、信用情報がブラックリストでクレジットカードの契約ができない人がいます。(あの楽天カードの審査も落ちたそうです)

でも、そんな友人でもポケットWiFiの契約はできています。

 

ですので、

  • 携帯料金の未払いや滞納をして、過去に携帯会社を強制解約になったことがある
  • ブラックリストのため、クレジットカードを持つことができない

というような人でも、どんなときもWiFiは申込み可能です!

▼まずはココから申込み▼
>>どんなときもWiFiの審査を簡単にするならこちら

クレジットカードがブラックでも口座振替で申込めば大丈夫!

どんなときもWiFiの支払方法は、クレジットカード払いと口座振替があります。

 

クレジットカード払いであれば審査に落ちることはありません。

では、口座振替の場合はどうでしょう?

 

よほどの事がなければ口座振替でも問題ありません!

 

よほどの事ってどんなとき?
どんなときもWiFiの関連商品で過去にトラブルがあったときだね。

どんなときもWiFiの関連商品の申込有無をチェック

過去に以下の通信回線で料金トラブルがあった人は、どんなときもWiFiの審査に引っかかってしまう可能性があります。

NEXTmobileネクストモバイル
ONE MOBILEワンモバイル
モバレコAirモバレコエアー
BroadWiMAXBroadワイマックス

上記の通信回線で過去に料金を滞納していたり、払っていないままの料金がある人は、審査は微妙かもしれません。

とはいえ、実際に申込みしてみないと結果はわかりませんので、ダメもとで一度申込みしてみてください。

 

それ以外の方はほぼ大丈夫ですので、安心して申し込みしてください。

-完全無制限のwifi

Copyright© 無制限のwifiを格安で使いたい! , 2021 All Rights Reserved.